ひとり親、準備中

子どもができたので、フリーターからひとり親に挑戦することに!日々のんびり過ごしています。

妊娠中の便秘、まじつらい…

妊娠中大変なことに、よくつわりがあげられますが、私はつわりほとんどなかったので便秘がめちゃくちゃ辛いです!!

 

 

座薬や漢方で、出せるらしいのですが、薬嫌いもあって未だ使っていません。

 

 

でも、そろそろやばいです。笑

 

 

出ないだけだったら、まだいいのですが

 

お腹痛くなるし、いきみっぱなしなので、お腹に負担かかるし…

 

たぶん大丈夫なんですが、一緒に出てきちゃわないか不安。笑

 

 

そろそろ、クスリに頼った方がよさそうです…とほほ

 

 

 

今はちょうど6カ月(24週)くらいです。

子宮はメロンくらい?

まだ、おへその下くらいだよーと言われました。

 

 

内臓が圧迫されるのもあって、お腹を外から見た感じだともっと大きい印象を受けます。

 

 

今から、2倍くらいは大きくなるのかな、と思うと不思議です。

 

 

 

 

 

妊娠中出来ないこと

妊娠中出来ないこと

やってはダメって言われること

 

いーっぱいあります。

 

・走れない

・自転車のれない

・お酒飲めない

・カフェインとれない

これは結構つらい。

ランチいっても、食後は珈琲、紅茶、甘いジュース。

甘いジュースあんまり飲めないので、飲むもんない…ってなります。

 

・食べ物も制限ある

・うつ伏せになれない

これ、結構不便。

いつも、携帯したり本読んだらするときうつ伏せになるから。

・疲れやすい

・便秘

 

などなど

 

 

人にもよると思いますけど、動き回れないのはわたしにとって結構つらいです。

 

筋肉落ちるし、太るし…

ちょっと運動しようと思ってると、貧血みたいになるし…(。-∀-)

 

 

そういう意味で産後が不安。笑

 

 

とりあえず、生まれてくるまで頑張るから赤ちゃんも無事に生まれてきて〜!!

 

 

あ、昨日は久しぶりの検診でした。

 

今は逆子になってるけど、特に問題ないそうで。

 

無事に生まれてきてくれることを祈るばかりです。

未婚のシングルマザーという選択

ひとり親ってことになるんですけど

 

環境に恵まれているからか

 

めちゃくちゃ不安てこともないし

 

とても心が安定した毎日を送っています。

 

 

 

 

自分の話をすると

 

「これから大変だね〜」

「子育ては思ってる以上にハードだよ〜」

 

とは言われますが

 

みんな生まれてくるのを楽しみにしてくれます。

 

そして応援してくれます。

 

 

 

具体的に何かしてくれるわけじゃないけど

 

言葉だけでもありがたいものです。

 

 

 

これからどうなるか

生まれてから周りがどう変化するか

 

わからないので、今は綺麗事言ってるだけかもしれません。

 

 

 

 

否定される環境にいなかったことに感謝。

応援してくれる環境に感謝。

 

 

自分が選択して来た結果でもあると思います。

 

 

直感に従って行動する。

嫌なことは出来るだけしない。

何かしてもらったら何でもいいから返す。

出来ることを出来るだけやる。

(コツコツ出来るようになりたい笑)

 

 

 

何となくして来たことが、間違いじゃなかったかな、と思わせてくれます。

 

赤ちゃんが、来てくれたおかけでまた、たくさんのことが分かりました。

 

自分にとって、今の選択はすごくいい選択をして来たな、と思います。

 

 

 

これからも、ずっと。

 

 

 

 

 

仕事を早く終わらせるためにやること

私は仕事早いって言われる方なのですが、何が違うのかなぁ〜と今日考えてたので少しまとめておきます。

 

1、準備をしておく

 

 仕事を始めた当初は、覚えるのに必死で準備する間も無く時間が過ぎて行きますが、少し慣れてくると、少し余裕ができます。

 

 少しずつできてくる余裕で、先の準備をするようにしています。

 

 今の仕事でも、前の仕事でも同じです。

 

 現在の仕事であれば、

・来週分の書類、資料を用意しておく

・来週の業務内容の確認をしておく

・仕事が円滑にできるように発注書を整理しておく    など

 

 事前にやれることは、たくさんありますし、日々追われている中でやっていないこと(整理整頓、備品の確認など)もあるので細々としたことをやるようにしています。

 

 そうすれば、メインでやっている仕事が、かなりスムーズにできます。

 

 これを、人にやってもらう、教えるっていうのは、なかなか難儀ですね…。

 

 教えてる人が、自分より出勤数が少なく、仕事もまだ始めたばかりなので、その段階までなかなか行かない。先のことが教えれらていないのが現状です。

 

 

 

2、何をやるか明確にしておく

 

 いつも前の日や、仕事始まったときに、今日はここまでやる、まずこれをやる、など、自分の仕事の範囲を明確にしておきます。

 

 そして、大体の目標時間を決めておき、どれくらいでできるか確認しながらやります。

 

 そういった段取りで、常に仕事を進めています。

 

 イレギュラーもたくさんありますが…(急に呼び出されて謎の会議が始まったり)

 

 意外と今の仕事、確認作業が多くて、さっさとできないんですよね。ちゃんと確認したつもりでも、人間なのでミスはあるし、ミスあると週末、休みの時に電話かかってくるのがよくない。

 

 事務なんだし、メリハリつけたい。

 

 責任持たないわけじゃないけど、電話かけてこられても、何もできないし、困る。次出社した時に言って欲しい、というのが本音です。

 

 これは、対策を取る予定。

 

 明日、出社してから時間あるのか…。

 

 

 

 な〜んか電話かかってくると、楽しい気持ちもしぼむし、どうなったか気になるので、せっかくの休みが勿体無い><

 

 休みは、休みで楽しみたい!

 

 以前、保険会社で働いていた人に話したら、

 

「事故なんていつ起こるかわからないし、土日関係なく電話かかってきて当たり前だったから、そんなにいやだと思ったことない。好きでもない仕事ならいやかもしれないけど。」

 

 とのことでした。

 

 私が次引き継ぐのは、主婦で軽い気持ちでパートしにきたって感じだったので、こっちの普通が相手の普通とは限らないし、やっぱり土日電話かかってくるのは、おかしいかな〜と思います。

 

 とりあえず上の人に話して見て、どう思うか聞いて見ます!

 

 

 

 今日は、仕事を早く終わらせる〜でした!

 

 

日本のカフェは勉強しづらい?

 

カフェをやりたい!

 

大学4年の時、就活中にそう思ってから、就活をやめて今まで いろんなカフェに行きました。

 

海外でカフェに行ったことあるわけじゃないけど、日本のカフェって…と思う点がいくつかあります。

 

今日はその一つについて。

 

 

・スタバなどのチェーンのお店じゃないと、勉強やパソコンしずらい

 

私は、カフェでのんびり勉強したいな〜と思うことがよくあります。でも、周りの雰囲気でテキスト開けなかったり…と、意外と勉強できるところって少ない。

 

図書館でも、できるじゃん!

 

て、思うんですけど、やっぱりカフェの雰囲気の中やりたいんです!

 

勉強するところじゃない!小さいカフェはあんまり長いされても困る!店の雰囲気えお壊さないでほしい!

 

など、勉強しないでほしい理由もいろいろあると思います。

 

 

 

そんなん中でも、スタバでなぜ勉強しやすいか、考えてみました。

 

・店内が広いので、席数もあり、席が空いてないか気にしなくていいので長居しやすい

・店員さんに何も言われない

・人の入れ替わりが多くあり、雑音も多いので、周りが気にならない

・他にやってる人がたくさんいる

・充電できるので、パソコンやスマホが使いやすい

 

 

やっぱりカフェの席数って大事!

 

たくさんあると回転率をそれほど気にしなくていいし、お客さんにいろんな使い方をしてもらえると思う!

 

海外のカフェの映像見ていると、お客さんがそれぞれ思い思いの時間を過ごしている

 

日本だと、雰囲気気にしてここのカフェは、こういうとこ!っていう感じか強い気もする。

 

自分がカフェをやるときには、お客さんに自由な使い道を提案できるカフェにしたいな…。

 

もちろん迷惑なことや、お店の利益にならないことは困るけど。

 

 

 

日本人の傾向の傾向として、純喫茶みたいな地元の人しか知らない、知り合いしかこないカフェとか、静かな空間、個人のこだわりカフェ、が好まれているのかもしれない。

 

オープンなカフェがもっと増えればいいな〜と思う今日この頃です。

妊娠中のつわりについて

つわり=つらい

 

と、思ってました。

 

多くの人が持ってるイメージかな、と思います^ ^

 

私は、ほとんどつわりなくて2ヶ月前後くらいに

 

・匂いに敏感になって気持ち悪くなる

・始終だるい

・長い時間立っていられない

(今もそうなんですが、血液が頭へうまく回らないみたい?)

・たくさん寝れる

・尿が濃い黄色になる

 

くらいの症状でした。

 

なので、めっちゃ辛かった〜!みたいな時期はありません笑。

 

 

周りの人に聞いたら、つわりで入院してる人も割といて、びっくりです(°_°)

 

10人中3人くらい?

 

食べれなくて入院する人が多かったです。

 

入院期間は1ヶ月くらい?

 

食べれないと、痩せちゃって栄養いかないし、つらいし、って感じ。食べすぎて太るのもダメなんだけど…

 

あと、入院理由であるのが切迫早産。

本当に安静にしてないと、危ないらしい…。

 

 

 

つわりがある、ないの差はよく分からないけど、人によってかなり差があるのは確かです。

 

 

あと、妊娠中ほとんどの人が便秘になるそうで、私も例外なく便秘ですが、我慢しすぎも体に悪いので、漢方もらって出したりするみたい。

 

私は、食生活をたまに改善することでなんとかなってますが、妊娠前は便秘じゃなかったので、つらいつらい…。

 

 

たまに便秘でお腹痛くなっちゃって、赤ちゃんに影響ないか不安になります。

 

 

5ヶ月入ってから、相変わらずの便秘と、長時間立ってるのがしんどいくらいで、ほかは特に問題なし、な私です。

 

 

テレビを見ない生活

私の家には、テレビがありません。

 

テレビなし生活約4年。

 

ないとどんな感じか、まとめて見ました。

 

 

 

「なぜテレビをやめたのか」

・時間の無駄だと思った

・報道に疑問を持った

・必要な情報か勝手にかいってくるし、自分で取りに行く

 

 

 

時間の無駄だと思った

 

 捨てた時は、ネットワークをやっていて、自分にとって新しい情報が、友達や上の人、フェイスブックからたくさん入って来ていました。

 

 テレビより早い。深い。みんなの見解も知れる。

 

 何よりやりたいことがたくさんあって、テレビをボ〜ッと見る時間が勿体無いと思って、強制的に捨てました。

 

 

報道に疑問を持った

 

 今は情報がありすぎて、どれが正解か、自分で決める時代かな、と思います。

 

 信じたいのを信じればいいし、とことん調べればいい。

 

 テレビの報道は、規制されている部分もあるようだし、情報が加工されたりもある…

 

 それなら自分で、取りに行って、必要な情報だけもらった方が、自分が変にブレないかな、と思います。

 

 

必要な情報は勝手にやってくるし、取りに行く

 

 最近は、自分がブログを書いているのもあり、プロブロガーさんたちのSNSを見て情報をもらってることが多いです。

 

 あとは携帯のニュースアプリとか。

 

 地震アプリもあります。

 

 こうしたところから情報をもらっていると、明るい出来事というか(馬鹿げたことも多いんですけど)、自由に生きてやりたいことやって楽しそうだし、人にノウハウを教えて、やる気のある人たちを支援したり。

 

 とても読んでて、元気になります。

 

 そんな気分でいた時に、ふと、スーパーでテレビを見ると…

 

 もめている国会や、日本の政治ニュース、自殺や殺人の話をやっています。

 

 自分が「よし!やろう!」となっている隣で、こういうことも起きているんだ…と気付かされ、落ち込みました。

 

 知らないより、知っている方がいいと、私は考えていますが、やはり入れる情報は選択しないと、自分のモチベーションに関わるな、と感じます。

 

 

「テレビをなくして気づいたこと」

・めっちゃ時間ある!

・情報にはいろんな解釈がある

・暗い話が多い

SNSの方が情報がはやい

 

 

めっちゃ時間ある!

 テレビを見なくなった当初、すごく時間を持て余していました。笑

 

 「こんなにテレビに時間を使っていたんだ」

 「時間てこんなにあったんだ」

 

 と、感じさせられました。

 

 空いた時間は、読書やSNSで情報収集、興味のある分野の勉強なんかをしていました。

 

 飽き性で、集中力があまりないので、それでも時間が余ってました笑

 

 

情報にはいろんな解釈がある

 

 SNSを見ていると、こんな考えあるんだ、とよく気付かされます。

 

 友達は結構、類は友を呼ぶ、なので自分と近しい考えの人も多いです。

 

 SNSは当然知らない人がほとんど。新しい価値観にふれられます。

 

 多方面から考えられるようになるのって、自分の視野や行動を広げるのに大切だと思います。

 

 テレビだと、受け身になりすぎたり、偏った情報だったりするので、考え方も偏りがちかなと。

 

 

暗い話が多い

 

 時代柄かわからないけど、暗い話が人が受ける影響が強いような気がします。暗い話を報道するのは、いろんな意味があるそうだけど…私は暗い気分になりたくないし、あんまり好きではないです。

 

 知っておかないといけないこともあります。

 

 でも、報道やいろんなところで何回も耳にしたり、見たりする必要はないのかな、と。

 

 人生を楽しんでいる人の話は面白いし、ためになる。そんな話を多く聞いていたいです。

 

SNSの方が情報が早い

 

 よく言われていることなので、とりあえず書いておきました。

 

 地震情報なんか早いですね…あと、警報!

 

 携帯でくると超びっくりするんですけど、テレビが近くになかったら助かる〜。この間も、土砂災害警戒警報入ってました。

 

 

「テレビがないデメリット」

・ゲームができない

 

実際、これ!みたいなデメリットはほとんどないです。

 

流行りの情報が乗り遅れるところありますけど、調べなくても友達が教えてくれたり。

 

幅広い年代の友達がいるととても助かります。

 

私は、話すの苦手ですが、好きな人の方が周りに多いので、いろんなことを教えてくれます。

 

妊娠情報も、やっぱり諸先輩がたに聞くのが一番役に立つ〜。今の病院は、聞かない限り全く教えてくれないので、ママさんたちに聞いてます。

 

テレビのないデメリットは、ゲームができないことくらいですね笑。

 

ほとんどしないので、問題ないです。

 

 

 

今回は長々と書いて、時間かかっちゃいました〜。

テレビのない生活、意外と問題ないです!